“素縄”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すなわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“素縄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
河原に坐って、岩のかどで、身のいましめをこすった。それは郷士らが路傍で拾ったわら素縄すなわにすぎなかったので、忽ちぷっとり切れた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ウム、そこが打揚場うちあげばか。幕のかわりに素縄すなわを張ったな」
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)