“外殻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
がいかく60.0%
から40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分は冬じゅうこの死んでいるか生きているかもわからない虫の外殻の鈴成りになっているのをながめて暮らして来た。
簔虫と蜘蛛 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
この外殻が、じつに問題であった。
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この草の実は苞形外殻に包まれていて、この苞の敏感さは、人間の指さきがどうかした拍子にその肌に触れると、さも自分の清浄さを汚されでもしたかのように急に爆ぜわれて
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
正覚坊の卵みたいな、三寸玉から五寸玉ぐらいまでの花火の外殻が、まだ雁皮貼りの生乾になって幾つも蔭干しになっているし、を溶いた摺鉢だの、得体の知れない液体を入れた壺だの
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)