父の婚礼ちちのこんれい
父の婚禮といふものを見たのは、決して自分ばかりではない。それは繼母といふものを有つた人々の、よく知つてゐることである。 曾て、クロポトキンの自傳を讀んだ時、まだ二十とはページを切らぬところに、父の婚禮を見ることが書いてあつたことを覺えてゐる …
作品に特徴的な語句
なだ こゞ をさま いつ かたはら 彼方あつち 此所こつち 着物べゝ へつつひ しも なくな わき ものさし 彼所あつち かゝ いへ 横腹よこつぱら 此方こつち 薩張さつぱ ほど 上層うはかは もと おら はひ 土器かはらけ 孰方どつち 憧憬あこが 昨日さくじつ 歌手うたて 神符ふだ こまか 銀杏ぎんなん 飯櫃おひつ あんま 鷄肉かしは 丁髷ちよんまげ 九歳こゝのつ 五島ごたう 先刻さつき 助炭じよたん 嘲弄からか うづたか 大業おほげふ 尖端さき 居室ゐま きつ 彼方あちら いそが わざ つか 新道しんだう 明日あした 會話はなし 朝飯あさはん 本末もとすゑ 枯魚ひもの 此家こゝ いつ 洗米あらひよね 熟柿じゆくし 父母ふぼ 砂利じやり 確乎しつかり わか から こな 素見ひやか いとぐち 茶道さだう 雜用ざふよう 飯事まゝごと のぼ 一室ひとま 下物さかな そば 凸凹でこぼこ 助老じよらう 可味うま 周圍まはり 周章あわ 唾液つば ついば 土筆つくし 執濃しつこ 大匏おほふくべ 大服たいふく 奴袴ぬばかま 宛行あてが うち 年齡とし