“奴袴”の読み方と例文
読み方割合
ぬばかま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
骨組のしい大男で、頭に烏帽子を戴き、身に直垂を著、奴袴穿いて、太刀つてゐる。能呂は隊の行進を停めて、其男を呼び寄せさせた。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
彼はわざとねたのであろう、きょうの華やかな宴の莚に浄衣めいた白の直衣を着て、同じく白い奴袴をはいていた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
冷え性ださうで、腰へ綿の入つた奴袴のやうなものを當てて、肥つた身體をえごちやらと自分を追ひ𢌞した。
父の婚礼 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)