“ゆるやか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
42.9%
28.6%
7.1%
7.1%
7.1%
緩舒7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのある目のく花桜の色に染みて、心楽しげに身をに取成したる風情は、などれぬべく、熱しとて紺の絹精縷被風を脱げば、羽織は無くて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
目は地上にがるゝことしばらくなりき、アヌンチヤタは忽ち右手を擧げて、にそのを撫でたり。
真夏の太陽に照らされながらも、山上の空気はやかに、彼氏と、彼女と、彼の三人を包んだ。野性と、モダニズムと。食慾と、恋愛と。一切は融け合ってしまった。に朗らかな風景である。
案内人風景 (新字新仮名) / 百瀬慎太郎黒部溯郎(著)
風はに吹いてゐた。五月の空は少し濁ツて、眞ツ白な雲は、時々宛然大きな鳥のやうにに飛んで行く。日光は薄らいだり輝いたり、都ての陰影は絶えず變化する。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
ホワイト襯衣に、筒服、上靴を穿いたが、ビイルをったらしい。充血した顔の、額に顱割のある、の薄い人物で、ギラリと輝く黄金縁の目金越に、看護婦等をめ着けながら
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
貫一は咬緊めつつ、緩舒せる声音は、くも常に変れり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)