“被風”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひふ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“被風”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
何為なぜあの被風ひふを着ないのかね、あれは好く似合ふにな。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
にほひなどこぼれぬべく、熱しとて紺の絹精縷きぬセル被風ひふを脱げば、羽織は無くて、粲然ぱつとしたる紋御召のあはせ黒樗文絹くろちよろけん全帯まるおび
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)