“被下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くだされ77.3%
くださ9.1%
ください4.5%
くださら4.5%
くださる4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又此度は御奔走によりて縁談お纏め被下、御恩儀の程生々世々忘却不仕、報謝の一端として後日御縁談の折犬馬の労を執り申上可候。
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「それでは今晩九時と決めましょう。庭の木戸でお待ち被下い。九時ですよ。間違のないようにね。馬車は此方から用意して行きます」
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「太郎さん、下りてください。る。謝るから此方へ来て被下。君にはとてもわない。謝る。もう決してしないから、さあ、太郎さん、此方へ来て被下」
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
何卒右の儀、高等二学年修了以上の方々及び其父兄へ御懇話の上、一人にても二人にてもお被下ば、邦家中等教育の為め、光栄これにくもの無之候頓首再拝
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
丹羽、滝川、池田、蜂屋、細川、蒲生、筒井など順次に拝儀は終った。——そして人と席とはそのまま、この夜——故信忠卿の御簾中より被下——とあるおへ移って酒宴となった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)