怪しの者あやしのもの
乞食の権七が物語った。 尾張の国春日井郡、庄内川の岸の、草の中に寝ていたのは、正徳三年六月十日の、午後のことでありました。いくらか靄を含んでいて、白っぽく見えてはおりましたが、でもよく晴れた夏の空を、自分の遊歩場ででもあるかのように、鳶が舞 …
作品に特徴的な語句
嫉妬やき ぱず 恐怖おそろしさ つむ 関係あいだがら 往来とおり 悲哀かなしさ 材料ねた ひや おのれ めえ 家督よつぎ 寂然しん 憎悪にくみ かお 汝等おのれら くわだ 別墅やしき 剣技てなみ 大水たいすい なの かか ねじ きた 要求のぞみ すさま さき しわが たれ わたし 季節とき 広漠ひろびろ 彼奴きゃつ りゅう 此奴こやつ 此方こなた 猪口ちょこ 羅織うすもの 自然ひとりで 船渠せんきょ つか よろ 一梃いっちょう 丹前たんぜん 乞食こじき あだ 会話はなし やつ おれ 俺等おいら そば 八口やつくち 其方そち 内証ないしょ 内部なか まる すご 凄愴せいそう 凄艶せいえん 初々ういうい 初夜しょや 初心うぶ 勢州せいしゅう 半刻はんとき いか 合力ごうりき 吉宗よしむね あき つぶや うめ わめ かこ 地袋じぶくろ へい 宗家そうけ うち 小門こもん たつみ 希望のぞみ 平家ひらや 建物たてもの あと 御身おんみ 情夫おとこ 憂欝ゆううつ 懐中ふところ 所業しわざ おさ