“くつろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クツロ
語句割合
98.5%
寛容1.0%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云いながらへ寄って、源三の衣領げて奇麗な指で触ってみると、源三はくすぐったいと云ったように頸をめてりながら
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
こうすれば雑誌の編輯者とか購買者とかにはまるで影響を及ぼさずに、ただ雑誌を飾る作家だけが寛容ぐ利益のある事だから、一雑誌に載る小説の数がむやみにえる気遣はない。
文芸委員は何をするか (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
目も隠れるほど深く俯向いたが、口笛を吹くでもなく、右の指の節を唇に当て、素肌に着た絹セルの単衣衣紋げ——弥蔵という奴——内懐に落した手に、何か持って一心にめながら
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
垢抜して色の浅黒いのが、の浴衣の、の落ちた、しっとりと露に湿ったのを懊悩げにって、衣紋げ、左の手を二の腕の見ゆるまで蓮葉ったのを膝に置いて、それもこの売物の広告か
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)