“四谷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よつや96.2%
よツや3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四谷りへ食料しにて、煮染屋つけて、れた壁泥いのをんで飛込んだが、あての昆布佃煮もない。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
淀橋区、四谷区は、大半焼け尽しました。品川区、荏原区は、目下延焼中であります。下町方面は、むしろ、小康状態に入りました」
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
跫音えぬばかり——四谷りから横町く、から、しよな/\りてて、擦違つたとふ、と
三人の盲の話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ず一番先に四谷金物商へ参りましたが一年程居りまして駈出しました、それから新橋鍜冶屋へ参り、三程過ぎて駈出し、又仲通りの絵草紙屋へ参りましたが、十で駈出しました