“歇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
94.7%
1.5%
あが0.8%
とど0.8%
とゞ0.8%
やす0.8%
やま0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長い雨がようやくんで、東京への汽車がほぼ通ずるようになった頃、裸連は九人とも申し合せたように、どっと東京へ引き上げた。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
キット思付いた、イヤ憶出した事が有る。今初まッた事では無いが、先刻から酔醒めの気味で咽喉が渇く。水を飲めばまるが、シカシ水は台所より外には無い。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
雨はやっとったようですが、空はまだ冷たい鉛のように重く見えたので、私は用心のため、を肩にいで、砲兵工廠の裏手の土塀について東へ坂をりました。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と上人が下したまうの一声のお言葉に群雀の鳴りをめて、振り上げしすになく、禅僧の問答にありやありやと云いかけしまま一喝されて腰のけたるごとき風情なるもあり
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と上人が下したまふ鶴の一声の御言葉に群雀の鳴りをめて、振り上げし拳をすになく、禅僧の問答に有りや有りやと云ひかけしまゝ一喝されて腰のけたる如き風情なるもあり
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
即ち人間は安逸にして自己の生存を妨ぐるものに接せざれば、その働き、その活動力んで進歩することが出来ない。古代民族の勃興を見るに、としてこの原理原則に従わざるものはなかった。
「うん」と道助はぶつきら棒な返事をして空を見た。雪がつて薄明かりのさしてる中を長い雲が走つてゆく。
静物 (新字旧仮名) / 十一谷義三郎(著)