“くじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クジ
語句割合
51.9%
20.1%
公事10.2%
6.2%
2.7%
久慈1.9%
1.5%
九時1.2%
0.8%
九字0.8%
0.8%
0.4%
舊辭0.4%
抽籤0.2%
孔子0.2%
0.2%
狗児0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでもいい塩梅に頭をたなかったんですけれど、左の足を少しいたようで、すぐにお医者にかかってゆうべから寝ているんです
半七捕物帳:16 津の国屋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
貧乏のひき役だとこぼしつづけてゐるのであつた。由子の語つたところによると、澄江は金雞舞踏場の常連だといふ話であつた。
御領内に鎮座まします御社でござるゆえ、御身のものと申さば御身のものじゃが、社寺仏閣の公事争い訴訟事は寺社奉行様御支配じゃ。
国大夫人蜜を米に塗り金盤に盛り自ら擎げ持ちて食わせ、第一の大臣は一番貧乏で親ら金のを執りて智馬の糞を受けるのだ。
諸将はこのことを知らぬから、行長の決然たる壮語、叱咤、万億の火筒の林も指先でくが如き壮烈無比なる見幕に驚いた。怒り心頭に発したのは如水。
二流の人 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
まだ板干をしているような紙の村は、正直な仕事を見せてくれます。本場は久慈郡の西野内や那珂郡の嶐郷村であります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
彼は実にその身の如何に落着するかを知らず、ただその友人に向って、「天下の事追々面白く成るなり。けるれ、ける勿れ、神州は必ず滅びざるなり」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
炬燵の火もいとよし、酒もあたゝめんばかりなるを。時は今何時にか、あれ、空に聞ゆるは上野の鐘ならん。二ツ三ツ四ツ、八時か、九時になりけり。
軒もる月 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「残っているものが少ないから当りが多い次第さ。しかし我輩は死ぬのを恐れてこんなことを言うのじゃない」
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
摩利信乃法師は夢のさめたように、慌しくこちらを振り向きますと、急に片手を高く挙げて、怪しい九字を切りながら、何か咒文のようなものを口の内に繰返して、匀々歩きはじめました。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
過去すものは、兩眼つてひませう。リユバフキン!』と、大聲かをぶ。郵便局役員も、來合はしてゐた人々も、一吃驚する。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
しかし一ばん貧乏をひいたのは、警察医のスチューワート氏でした。誤まった鑑定をしたために、その後すっかり評判が悪くなって、門前雀羅を張るようになったそうです。
誤った鑑定 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
ここに帝紀を撰録し、舊辭討覈して、僞を削り實を定め、後葉へむと
白羽の箭が立った若者には、勇んで出かける者もある。抽籤れた礼参りに、わざ/\の何宮さんまで出かける若者もある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
川端のちゃんは甲種合格だってね、の忠はまだ抽籤は済まねえが、海軍にられべってだ、俺もげる男の子はなし、忠をとられりゃ作代でも雇うべい、国家の為だ、仕方が無えな
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
孔子のふみ読みてこもれど天雲
婦人と文学 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
義助 そななことをいうとると、またいつかのように落ちるぞ。気違いの上にまた片輪にまでなりゃがって、親に迷惑ばっかしかけやがる。降りんかい阿呆め。
屋上の狂人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
狗児にも仏性ありというのだから、老猫も一切衆生の中の一物ではある。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
〔譯〕刀槊心をく者はけ、勇氣む者はる。必や勇怯を一し、勝負を一れ、之をかすに天を以てして、廓然太公に、之をむるに地を以てして、來つて順應せん。