吹雪物語ふぶきものがたり――夢と知性――――ゆめとちせい――
一九三×年のことである。新潟も変つた。雪国の気候の暗さは、真夏の明るい空の下でも、道路や、建築や、行き交ふ人々の表情の中に、なにがなし疲れの翳を澱ませて、ひそんでゐる。さういふ特殊な気候の暗さや、疲れの翳が、もはや殆んど街の表情に見られない …
作品に特徴的な語句
しやつく さかし 関係つながり ゆる あた 木片こつぱ おこな 天晴あつぱれ むくろ 悵然ちようぜん うつ 木像でく 死者しにもの かえりみ 笑談じようだん しよう 背負しよ 花車きやしや とな あるじ 仰言おつしや いた 吃驚びつくり 咒文じゆもん こう まち 従而したがつて 悄気しよげ なら 揶揄からか 松籟しようらい いが 浚渫しゆんせつ あば 白根しろね すがた から 粟島あおしま ほぞ おのずか 船繋ふながかり 花牌はなふだ 華車きやしや かく 蟠居ばんきよ 詩人うたびと たぶらか たとえ 迦葉かしよう 酒場バー 鍍金めつき がね かた 鴉片アヘン くろず 一入ひとしお 一条ひとすじ 下素げす あずか ぬし いつわ 係蹄わな ひが 初午はつうま つか なか 匆々そうそう いや 午下ひるさが 却々なかなか マイル くら うそぶ トン 在所ありか 基督キリスト ねぐら 変化へんげ 変挺へんてこ 太々ふてぶて たの 媾曳あいびき うち 容喙ようかい 寄辺よるべ すくな 屡々しばしば 幇間ほうかん 弥彦やひこ 弥縫びほう 強請ゆすり あて