“くし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クシ
語句割合
77.2%
12.9%
駆使2.7%
1.9%
狗子1.3%
0.8%
0.5%
矩之0.3%
休止0.3%
孔氏0.3%
差櫛0.3%
毛髪0.3%
0.3%
苦思0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竹簾、竹皮細工、色染竹文庫、団扇竹籠などの数々。中でも簾は上等の品になると絹を見るようで、技は昔と変りがない。
全羅紀行 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
新宿までの電車賃をけんやくして、鳴子坂の三好野で焼団子を五買ってたべる。お茶は何度でもおかわりして、ああ一寸だけしあわせ。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
いわば陰性のだ。華々しくない。勇ましくない。——それと甲賀侍や伊賀侍を部下として駆使するのは甚だつかいにくい。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昨日こそ誰乎彼黯黮にて、分明面貌を弁ぜざりしが、今の一目は、も奇なりと思ふばかりくも、彼の不用意のに速写機の如き力を以てして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
 業風過ぐる花空しく落ち 迷霧開く時銃忽ち鳴る 狗子何ぞて仏性無からん 看経声裡三生を証す
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
藤原秀郷、はりて門客に列すきのを称し、彼の陣に入るの処、将門喜悦の余り、けづるところの髪をらず、即ち烏帽子に引入れて之にす。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「おはこの通りの型でよろしうございますか。」私が鏡の前の白いきれをかけた上等の椅子に座ったとき、一人のアーティストが私にたづねました。
毒蛾 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
棭斎の孫女は後に蘭軒の子柏軒に嫁し、柏軒のが又棭斎の養孫矩之に嫁して、伊沢狩谷の二氏は姻戚の関係を重ねた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此年丙辰に狩谷氏では三平懐之が歿した。七月二十日に五十三歳で歿したのである。継嗣は三右衛門矩之である。矩之は本斎藤氏で、父を権右衛門と云つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
(『無量寿経』に曰く、「生死の流転、休止あることなし」と。また曰く、「生死窮まりむことなし」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
通途には孔子の門人の筆する所だとなつてゐる。此書の一本に「古文孝経孔氏伝」がある。孔氏とは孔安国で、孔子十一世の孫である。此孔伝が果して孔安国の手に成つたか否かは、亦復不詳である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
差櫛珊瑚珠のついた鼈甲の簪を懐紙につつんで帯の間へ大事そうにしまいこみ、さきを帯止めにはさんで、おをはしょった。
片時も心のたゆむ間とてなかったであろうか、その毛髪には一すじの霜もなかった。
日本名婦伝:大楠公夫人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
谷川氏の説ではミオツクシは水脈の義でツは助辞だとあるが信ずることができぬ。邑落の境にシメツクシ(注連標)またはツクシモリ(標森)の地名があるのは東北一般の風である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
この宅助という監視のを、大阪の町で、迷子にしてしまわなければならないと苦思している。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
驚けよ、この命、びに若し
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
驚けよ、この命、びに若し
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)