“かみのけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頭髪56.9%
髪毛36.7%
毛髪2.8%
頭髮1.8%
頭毛0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見たという人の話によると、鳥の巣のような頭髪ねて、顔色は青白くて血の気のない唇は、寒さのためにうす紫色をしていた。
凍える女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
髪毛の薄い小母さんの顔を見ていると、私はこのままこの家を出てしまいたい程くやしくなってくる。これが出掛けの戦争だ。
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
「ああなるほど、毛髪と鍵の角度に水! これは、博学なる先生に御挨拶申し上げます。すこぶる汗をかかされたものですわい」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ずることも出來うずれ、このやうに頭髮掻毟って、ま此樣地上れて、まだらぬ墓穴ることも出來うずれ!
拳固で、前の円い頭をコツンとく真似して、宗吉を流眄で、ニヤリとして続いたのは、頭毛真中に皿に似た禿のある、色の黒い、目のんだ、口のな男で、近頃まで政治家だったが
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ると、水底に澄ました蛙は、黒いほどに、一束ねにしていでいます。処々に、まだこんなに、蝌蚪がと思うのは、、ほぐれた女ので。……
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)