“つむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツム
語句割合
38.5%
24.1%
13.9%
紡錘8.6%
4.3%
3.7%
1.6%
1.1%
1.1%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
頭髪0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若奥様が片膝ついて、その燃ゆる火の袖に、キラリと光る短銃を構えると、先生は、両方の膝に手を垂れて、目をって立ちました。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
左様、たしかにおりましたよの老婆が。よく縁先の日なたで糸を小車を廻していましたが、それが李逵のおふくろでしょう。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「商売上のお打ち合せなら何処へおになるのも御自由でしょうが、梯子段から逆さまにお落ちになると、おれますよ」
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
またネルリの家長とヴェッキオの家長とが皮のみの衣をもて、その妻等が紡錘と麻とをもて、心にれりとするを見たり 一一五—一一七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
額は血がって熱し、眼も赤く充血したらしい? に倒れても詩の大和路だママよとと私は、目をってらく土に突っ立っていた。
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)
生命はるところなく流動する。創造の華が枯木にも咲くのである。藤原南家の郎女藕糸いで織った曼陀羅から光明が泉のようにきあがると見られる暁が来る。
女は小羊をの如くに、影とは知りながらきもせず鏡のる。
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
宿場は家のを長くのばしてる、大小の人家すべてかくのごとし。雪中はさら也、平日も往来とす。これによりて雪中のは用なきが如くなれば、人家の雪をこゝに
昔の糸車にてぐ時は、一本のに一人を要すべきに、今はわずかに六七人の工女にてよく二千本の錘を扱うをべし。
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
一たん眼をつた友はまたぱつと開いて私の顔を真面に見た。これも昔見た友の癖である。
過去世 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
彼は電燈のスイッチをった。すると眼の前に突然華麗な室が現われたので思わず眼をった。が、今はそんな事に暇をつぶしている時ではなかった。やがて今宵の目的物が眼に映った。
赤い手 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
お園は戦く胸を抱いて、恐ろしい言葉がぎ出される、男の紅い唇を、魅入られたように見詰めるばかりでした。
かたくなな翼をの形にたたむで、灰色のをとぢてゐた。それを抛げてみると、枯れた芝生に落ちてあつけない音をたてた。近づいて見ると、しづかに血を流してゐた。
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)
いいえ青バスでは二度ですが、その前に一度、私はあなたのお頭髪をお洗いしたことが御座いますのよ。……まだおわかりになりませんの……
青バスの女 (新字新仮名) / 辰野九紫(著)
「……ネ……お父さま……あの小さな星がいくつもいくつもあるのがお母さまのおよ……いつも結っていらっしゃる……ネ……それから二つピカピカ光っているのがお口よ……ネ……」
人の顔 (新字新仮名) / 夢野久作(著)