“ねむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ネム
語句割合
45.9%
36.9%
合歓7.0%
6.0%
合歡1.6%
0.6%
合歓木0.4%
0.4%
0.3%
麻酔0.1%
0.1%
0.1%
合歓花0.1%
0.1%
熟睡0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一方警察医の意見によると、院長の死は午前四時頃と推定され、その時刻には家人はまだっていて、物音なぞは聞かなかったこと。
三狂人 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
午前四時にのりこんだ船の中ではだれもろうとする者はなく、がやがやのさわぎの中で、「こんぴらふねふね」を歌うものもいた。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
広野の中に刀禰の大河が流れていた。水葱に根を護られながら、昼は咲き夜は恋宿という合歓の花の木が岸に並んで生えている。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
船が沈んで行くとき、わたくしはひどく気分が悪くなりましたので、無意識に今までより強く樽にしがみ付いて、目をつてゐました。
うづしほ (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
けて合歡の、面影けば、石燈籠やゝうして、野茨、カタ/\と音信るゝ鼻唄もをかし。
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
よせば善かったが、つい覗いた。すると急にぐらぐらと頭が廻って、かたく握った手がゆるんで来た。これは死ぬかも知れない。死んじゃ大変だと、りついたなり、いきなり眼をった。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
廊下のから手の届くほど近いところには、合歓木や藤が暗くさっていた。は葉を伝って流れた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
嫁のお雪が十畳の広間を往ったり来たりして不動さまへお百度をあげて居りますると、其の内だけ伊之助はトロ/\られますから、として居る処へ伊兵衞が参り
「いずれ、たった一人の姉をらして、身代を乗っ取ろうてえくれえの女だから——。」
何にしても、もっとよく麻酔らせて、彼女を黙らせなければならぬので、私は矢つぎ早にクロロフォムを垂らしました。マスクがだらだらに濡れて、指先にしっとりと重さを感ずるぐらいでした。
麻酔剤 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
「そんなときは、やっぱり恋人の手で麻酔らせて貰わなければね」
麻酔剤 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
瑜ちゃんや、可憐そうにお前はあいつ等の陥穽に掛ったのだ。天道様が御承知です、あいつ等にもいずれきっと報いが来ます。お前は静かにるがいい。
(新字新仮名) / 魯迅(著)
平田は上をき眼をり、後眥からは涙が頬へき、下唇は噛まれ、上唇はえて、帯を引くだけの勇気もないのである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
なき母をあこがれて、父とともに詣でしことあり。初夏の頃なりしよ。里川に合歓花あり、田に白鷺あり。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
く、れる印度洋。 に。
午後、枕を出して置くと、翁は何時か横になつて、大鼾をかいて、楽々と熟睡つて仕舞はれた。山の転んだような寝姿。
大野人 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
床の中に這入ってから翌日の小説執筆、十一時、十二時に至りてるというような段取りであった。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)