三狂人さんきょうじん
赤沢医師の経営する私立脳病院は、M市の郊外に近い小高い赭土山の上にこんもりした雑木林を背景に、火葬場へ行く道路を見下すようにして立っているのだが、それはもうかなり旧式の平屋建で立っていると云うよりは、なにか大きな蜘蛛でも這いつくばったという …
作品に特徴的な語句
しあわせ しずく みず 穿ほじ はめ あが ころが おさま かろ こい あから なじ 退 雪崩なだ あかり ふくろ しか やみ たた 煮凝にこごり へこ 尖端さき たくみ にぎ 吃驚びっくり うずくま 蹌踉そうろう 赭顔あからがお くわ 赤沢あかざわ にせ 蒼褪あおざ わめ 見遣みや せみ わら 薬研やげん すさ 開放あけはな 魂消たまげ 飛沫しぶき 乾枯ひから ふる しき 静寂しじま あらかじ そば 偶々たまたま かも むく 逆毛さかげ 先方さき 退 追々おいおい 旋風つむじ 流石さすが 正午ひる 欠片かけら 楊枝ようじ こずえ かが かさ みなぎ つんざ 掻傷かききず 建繞たちめぐ 往来ゆきき おや ドア まど ねむ 所謂いわゆる 茜色あかねいろ おとり ふく 胼胝たこ まと 立竦たちすく ちり 落集おちあつま 眼苦めまぐる 目標めじるし 瘴気しょうき 女将おかみ はげ つぶ