“煮凝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にこごり66.7%
にこご33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半焦の腱によつて互に引吊られ或ひは半ばけた肉塊の粘りで共に膠着し合つてゐるボロ/\に折れ崩れた人骨、煑沸された腦髓、石炭とざつて煮凝になつた血、強烈な竈の火熱の中で
無法な火葬 (旧字旧仮名) / 小泉八雲(著)
血海の中に冷く光っているガラス瓶の欠片でつけたものであろう、顔から頭へかけて物凄い掻傷煮凝のような血を吹き、わけても正視に堪えぬのは、前額から頭蓋へかけてバックリ開いた大穴から
三狂人 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
まあ魚の煮凝りでもおとりな、それがいいよ。いまプリンを持って来るからね。それはそうと、子供たちにはやったかしら。