“煮汁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だし50.0%
あめ16.7%
にしる16.7%
にだし16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いて身を取て俎板で叩いて擂鉢でよく玉葱山葵卸しで摺込んで塩と味淋で味を付けてまたよく摺って煮汁を加えてドロドロにして
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
米のとぎ汁や残飯の入っている桶を持ってきてそれを豚桶に移したり、醤油工場からもらってきた大豆の煮汁をそれにまぜ合わせたりした。
大根の葉 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
食物ア江戸口で、お塩の甘たっけえのを、江戸では斯う云う喰って居るからって、食物ア大変八釜しい、鰹節などを山の様に掻いて、煮汁を取って
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
剥いて蒸して別に煮汁へ葛を引いてかけたのです。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)