過去世かこぜ
池は雨中の夕陽の加減で、水銀のやうに縁だけ盛り上つて光つた。池の胴を挟んでゐる杉木立と青蘆の洲とは、両脇から錆び込む腐蝕のやうに黝んで来た。 窓外のかういふ風景を背景にして、室内の食卓の世話をしてゐる女主人の姿は妖しく美しかつた。格幅のいゝ …
作品に特徴的な語句
こご あら うる 下手したて ほん つむ 羞明まばゆ あわただ 池水ちすい おだ 申出もうしで おろか めど しょう 含羞はにかみ くろず わか うか なま 目貫めぬ 石火いしび 揶揄からか しま つね 後嗣こうし 彷徨ほうこう きざ かたま わか しつ いと 附箋ふせん 瀟洒しょうしゃ 気遣きづか ほのお 焦々いらいら 魔性ましょう 焦立いらだ きら 骨董こっとう 頼母たのも 物馴ものな ねぎら ずる みだ 瑩玉えいぎょく くび 生粋きっすい なめ うと 痴呆ちほう 癇癪かんしゃく 白鷺しらさぎ 目蓋まぶた 面高おもだか 雇人やといにん まゆ 隙間すきま 真面まとも にら 睫毛まつげ けわ くぼ うかが 立膝たてひざ すえ 箪笥たんす 素人しろうと 素知そし 綺麗きれい ほころ あわせ 落度おちど あお しま 辛子からし あし らん しいた ほたる 衣桁いこう たもと ひょう 詮索せんさく 誑惑きょうわく 贋物にせもの