赤い手あかいて
まだ真夜中にはなっていなかった。 が、豪奢なウッドワードのアパートに漲る深々たる夜の静寂は、泥棒猫のようにこっそり忍び込んだスパイダー・マッコイの亢奮した神経を針のように尖らせた。ゴム底の靴は歩く度に高価な絨氈の中に深々と沈み、彼の熟練した …
作品に特徴的な語句
ならわ つむ 穿ほじ いず 周囲ぐるり 拳銃ビストル ただち がん 矢張やっぱ せい 含笑ふくみわらい あたし くゆ はず 不審いぶかし こら しき あが 昂奮たかぶ これ 此方こっち ねむり のろ ずし 上手うわて かね 何方どっち はい つと やわ 在々ありあり 執拗しつこ 嫉妬やきもち よこ たび やみ さら 服装みなり ほと こぼ 無上むしょう 燈火あかり 真実ほんと みひら せい なか ばか うずくま 一寸ちょっと 不可いけ うち たたず 何卒どうぞ しか わず 先刻さっき 兎角とかく 内容なかみ フィート つぶや ただ 坐勢いずまい 如何いか うち 屹度きっと さいわい かす 幾度いくたび ドル 強張こわば 彼奴あいつ 息塞いきづま いよいよ おどろ ドア 手筈てはず 承口うけぐち ひね くら 此奴こいつ