“黯黮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あんたん50.0%
くらがり50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“黯黮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その外を引韞ひきつつむとともに、見えわたりし家も土蔵もうづたか黯黮あんたんの底に没して、闇は焔に破られ、焔はけふり揉立もみたてられ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
昨日きのふこそ誰乎彼たそがれ黯黮くらがりにて、分明さやか面貌かほかたちを弁ぜざりしが、今の一目は、みづからも奇なりと思ふばかりくしくも、彼の不用意のうちに速写機の如き力を以てして、その映じきたりし形をすべのがさずとらへ得たりしなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)