“あんたん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
暗澹87.0%
暗憺8.7%
黯淡1.2%
黯澹1.2%
闇澹0.6%
闇憺0.6%
黯黮0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかも、夢はやぶれて、業は半ばというよりは、時も暗澹なうちに、世を終わられたことである。御無念はいうまでもなかったろう。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は再び暗憺たる気持ちになった。これは、いけない。「馬鹿」で救われて、いい気になっていたら、ひどい事になった。
(新字新仮名) / 太宰治(著)
駅吏メ亭ヲツテ待ツ。チ酒ヲ命ジテ飲ンデ別ル。(児精一郎ハ藩命ヲ以テ東京ニ留学ス)過午草加駅ニ飯ス。越ヶ谷大沢ヲ粕壁ノ駅ニ投ズ。諸僚佐皆来ツテ起居ヲフ。晩間雲意黯淡タリ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
天主より。——闇澹として二列
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
闇澹氷雨やすらし。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
数息の間にして火の手は縦横にりつつ、納屋の内に乱入れば、噴出づる黒烟の渦はれ、或は畳みて、その外を引韞むとともに、見えりし家も土蔵も黯黮の底に没して、闇は焔に破られ
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)