“二列”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふたならび60.0%
ふたなら20.0%
ふたつら10.0%
ふたれつ10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
転づるは French か、角ぐみそめし桜の二列の並木の間の人道を、枯草の辺りを青くして低きかなめ垣の長きに添ひて、ハリエニシダの花黄なる彼方へとぞゆく。
春の暗示 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
足が地脹れをしている。その上に、んだ歯がたのようなものが二列びついている。脹れはだんだんひどくなって行った。それにつれてそのはだんだん深く、まわりが大きくなって来た。
ある心の風景 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
見ると左右二列渡廊を抱えて、青瓦も草にみ、あたりは落葉にたるままな社殿があった——宋江は夢中でを這いあがった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さんは表庭椿あたりへさなのかたちをこしらへました。めた二列りまして、そのしてはびました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)