“亦復”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
また33.3%
またまた33.3%
また/\33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
併し是を是とし非を非とすることを不當だとすべき理由は、亦復また更に之無かるべきところのことに屬する。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
藝備偉人伝は、蘭軒を載せた下巻がわたくしの手許に無いが、同じ著者の「頼山陽」に引いた文を見れば、亦復またまた編年では無ささうである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此孔伝が果して孔安国の手に成つたか否かは、亦復またまた不詳である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
将門が都から帰つて来て流石さすがに謹慎して居るさまを見るに及んで、怨を晴らし恥辱をそゝぐは此時と、良兼等は亦復また/\押寄せた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)