“亦柔”の読み方と例文
読み方割合
えきじゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茝庭、名は元堅亦柔、一に三松と号す。通称は安叔楽真院また楽春院という。寛政七年に桂山の次男に生れた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
本家では桂山、名は元、字は廉夫が、抽斎の生れた文化二年には五十一歳、その子柳沜、名は、字は奕禧が十七歳、末家では茝庭、名は元堅、字は亦柔が十一歳になっていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)