“亦堪嗟”の読み方と例文
読み方割合
またなげくにたへたり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日は祝いの式ではないかと恥じてお隠しになり『五十八翁方有後静思堪喜亦堪嗟』とお歌いになった。
源氏物語:36 柏木 (新字新仮名) / 紫式部(著)