“亦々”の読み方と例文
読み方割合
また/\100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同月二十三日亦々評定所に呼び出さる大岡殿端近く席を進まれ大目附御目附立合にて留役衆吟味書を改めて差出さるゝに大岡殿て白洲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
二枚唐繻子丸帶をしどけなく白縮緬長繻袢を着せし姿天晴富豪後家と見えければ重四郎亦々惡心を生じ幸い後家と有からは何卒れて暫時足休めに致したしと思ひ夫より言葉を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)