“亦斎”の読み方と例文
読み方割合
えきさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又斎の子が亦斎で、家業を嫌ひ、篆刻を学び、後には所謂戯作者の群に投じ、雑書を著して自ら紫軒道人と署した。此紫軒の著す所に「茶番頓智論」二巻があつて刊行せられた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)