“またまた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
亦復33.3%
又々33.3%
復々33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藝備偉人伝は、蘭軒を載せた下巻がわたくしの手許に無いが、同じ著者の「頼山陽」に引いた文を見れば、亦復またまた編年では無ささうである。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此孔伝が果して孔安国の手に成つたか否かは、亦復またまた不詳である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
びっくりしたわたくし御返答ごへんじをしようとするもあらせず、おじいさんの姿すがた又々またまたけむりのようにそばからえてくなってしまいました。
復々またまた金ガ出来ル故ニ、諸所ノコン意ノ者ガ困ルト聞クト、助ケテヤッタ故、ミンナガヒイキヲシテ、イロイロ刀ヲ持ッテ来ルカラ、素人しろうとヨリ買ウカライツモ損ヲシタコトハナカッタ、道具ノ市ニテハモウケノ半分ハ諸道具屋ヘ、ソバ又ハ酒ヲ買ッテ食ワセタユエ、殿様殿様ト云イオッテ
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)