“おさん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オサン
語句割合
下婢28.6%
御産14.3%
下女7.1%
女中7.1%
7.1%
尾山7.1%
廚女7.1%
御三7.1%
炊婦7.1%
阿三7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
顔は子供の福笑戯ふくわらいに眼をつけゆがめた多福面おかめのごとき房州出らしき下婢おさんの憤怒、こぶしを挙げて丁と打ち猿臂えんぴを伸ばして突き飛ばせば
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
尻餅ついて驚くところを、狐つきめ忌〻しい、と駄力ばかりは近江のお兼、顔は子供の福笑戯ふくわらひに眼を付け歪めた多福面おかめの如き房州出らしき下婢おさんの憤怒
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
次には山口県の豊浦とよら郡でもネンガラ、海を渡って筑前ちくぜんの大島でネンガラ、これも遊びかたは同じだが、注意すべきことには御産おさんのあった家の前で、子どもがこの木を組んで産屋うぶやというものを立てるという。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
この「うき世を立つる」というのは遊蕩ゆうとう生活のことで、京ではそれをすら飯の種にしていると、太鼓持たいこもちか何かのことを言った句であるが、それをこの絵本には眼鏡めがねの老人が御産おさん枕屏風まくらびょうぶの外で、はかりで銀をはかっているところが描いてある。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「娘さんも小婢こおんなも遁がした。下女おさんどんは一所に手伝った。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
渾名をたこと云って、ちょんぼりと目の丸い、額に見上げじわ夥多おびただしいおんなで、主税が玄関に居た頃勤めた女中おさんどん。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
約束通りの女中おさんの有様。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこにしゃがんでいた、例のつんつるてん鞠子のおさんが、湯加減を聞いたが上塩梅じょうあんばい
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
茶棚のわきふすまを開けて、つんつるてんな着物を着た、二百八十間の橋向う、鞠子辺まりこあたりの産らしい、十六七のおさんどんが、
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
で、観心寺には、尾山おさんの山号もある。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
同一おなじ色にコスモスは、庭に今さかりだし、四季咲の黄薔薇きばらはちょいとのぞいてももうそこらの垣根には咲いている、とメトロポリタンホテルは近し、耳れぬ洋犬かめは吠えるし、汽笛は鳴るし、白い前垂まえだれした廚女おさんがキャベツ菜の籠を抱えて、背戸を歩行あるくのは見えるし……
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
御三おさんはすでにたての飯を、御櫃おはちに移して、今や七輪しちりんにかけたなべの中をかきまぜつつある。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
足の裏へ泥が着いて、椽側えんがわへ梅の花の印を押すくらいな事は、ただ御三おさんの迷惑にはなるか知れんが、吾輩の苦痛とは申されない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
及ばぬ恋の無駄ながふもやすよりは、妄想をデツチ上げた恋愛小説でも作つて、破鍋われなべにトヂ蓋の下宿屋の炊婦おさんでもねらつたらからう。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
八百屋の書付かきつけに蘿蔔一束あたい十有幾銭と書きて、台所の阿三おさんどんがまさにこれを了承りょうしょうするの日は
小学教育の事 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)