“やから”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヤカラ
語句割合
75.6%
11.3%
5.0%
家族2.5%
徒輩1.3%
宗族0.4%
0.4%
一族0.4%
儕輩0.4%
0.4%
奴輩0.4%
宅眷0.4%
族党0.4%
種族0.4%
血族0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此他にビブリオターフと云うのがあるが、ターフとは墓の義で、唯らに読みもせぬ書物を買って積んで置くのを楽しむである。
愛書癖 (新字新仮名) / 辰野隆(著)
そんな風に、元を忘れ、奢りに長じたら、おのづから上を恐れず、人を侮り、正しきものの味方から背き去るも出て來るものである。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
三十一歳までの清浄身を、って、現在の僧侶にいわせれば、汚濁の海、罪業の谷ともいうであろう、蓄妻噉肉になろうという意志を固めているのだ。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おれが身は、しさいあって、仮に坊主となって山入りするから、当ぶん世間へは顔もみせまい。三、四年がほどは国元へも立ちよらぬと、わが家の家族につたえてくれい」
「まるで餓鬼畜生だ。飼犬を殺して、あろうことか、この尊い仏地を穢して煮て喰おうというのだ。浅間しい畜生道の仕業だ。お前等のような堕地獄の徒輩は一時も、ここに置く訳には行かん!」
放浪の宿 (新字新仮名) / 里村欣三(著)
... 勇士のごとく我にせかかり給う」と恨み、あるいは神を「汝」と呼びて「汝わが宗族をことごとく荒せり、汝我れをらしめたり」とじている。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
その所有物は地に蔓延らず……邪曲なる者の宗族零落れ、賄賂の家は火にけん
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
足柄の箱根の山の中には数え切れぬほどの不逞どもが蟠居しているのだそうだ。いつ我々に対して刃向って来るか分ったものではない。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
あるいは、憎むべき不逞どもがいついかなる場合に我々に刃向って来るかも分らないのだ。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
我汝に誓ひて曰はむ(願はくはわれ高きに達するをえんことを)、汝等の尊き一族は財布とにおけるの飾を失はず 一二七—一二九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
男木作りかとる者は肉団奴才御釈迦様が女房山籠せられしは、耆婆癩病接吻ポロリとしに愛想してならんなど疑う儕輩なるべし、あゝら尊し、尊し
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
しわれはとはふ。幼児き、ち、つて、これを曝物に、憐愍悪人どもが世間にある。さればこそこの幼児等て、心配いたすのだ。
不安や恐怖もて人を脅やかす奴輩
人間失格 (新字新仮名) / 太宰治(著)
宅眷に補はせなどしぬるほどに十一月に至りてはがら雲霧の中に在る如く
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
殿上の衣冠などは雛人形でも着る。また、すでに白骨となった者、生ける一門の族党、ましてそちまでを、裏切っていいものか。尊氏はそちたちが観ているよりは、ずんと欲望の深い悪党なのだ。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
穢多の中でも卑賤しい身分のものと見え、其処に立つて居る丑松を同じ種族とは夢にも知らないで、妙に人をるやうな様子して、一寸会釈し乍ら側を通りぬけた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
一の美しき流れシェストリとキアーヴェリの間をくだる、しかしてわが血族稱呼はその大いなる誇をばこの流れの名に得たり 一〇〇—一〇二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)