“雛人形”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひなにんぎょう75.0%
ひなにんぎやう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
猛然として憶起した事がある。八歳か、九歳の頃であろう。雛人形きている。雛市は弥生ばかり、たとえば古道具屋の店に、その姿があるとする。
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それから岩槻鴻巣とは共に雛人形の産地で有名であります。後者は土俗的な人形でも久しく名を得ました。雛祭の風習が続く限りこれらの土地に仕事は絶えないでありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
雛人形の様だよ——私も早くお前さんのした容子を見たいと、其ればつかりが、親のだアね、大きな娘を何時までも一人で置いては、世間体も悪るし、第一草葉の蔭のお前の実母さんに対して
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)