“操人形”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あやつりにんぎょう55.6%
マリオネット22.2%
あやつり22.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜、この村で操人形があると言うので、二人で見に行くことにした。晩餐がすむと、S君の襟巻を借りて、それで頭からスッポリと包んで目ばかり出した。
土淵村にての日記 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
その角から不意に、まるでそこの横通りを吹き抜ける風にあおられた操人形のような足取りで、若い女がオレンジ色のジャケツを着て飛び出して来たのであった。
(新字新仮名) / 渡辺温(著)