“生人形”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いきにんぎょう83.3%
いきにんぎやう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて盗賊どもは、生人形からってきましたが、はぬけ手足はもぎれて、さんざんな姿になっていました。それも道理です。
人形使い (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
江戸女形瀬川菊之丞生人形を、舞台のままにろうッてんだ。なまやさしいじゃァねえなァれている。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
その上、自分の下手な地獄極樂の生人形と並べて、兩國の小屋へ飾つたのですから、伜が腹を立てたのも無理はありません。