“活人形”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いきにんぎょう82.4%
いきにんぎやう17.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
探偵小説への情熱がめ切れず、泉鏡花の『活人形』から、江見水蔭の『女の顔切り』、小栗風葉の『黒装束』と、文芸作品の中から
そしてその活人形りを見ようとおもって、町の人はもとより、近在の人まで、しくかざって、町のにぎやかな広場に集ってきました。
活人形 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「そんなものぢやねえ、兩國の小屋——近頃評判の地獄極樂の活人形の看板になつて居る普賢菩薩樣が、時々泣いて居るつて話ぢやありませんか」
半出來藝妓——淺草のなにがしとてた——活人形をのぞくところを、唐突に、くわら/\、くわら、と高笑ひをされたのである。よしよしそれも面白い。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)