“人形屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にんぎょうや50.0%
にんぎやうや50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不思議にも、そのさなは、人形屋でありました。のたなのに、いくつもじような人形べてありました。
気まぐれの人形師 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「だって、人形屋のおじいさんが、こちらは、しあわせで、こちらは、しあわせだといったのですもの。」
気まぐれの人形師 (新字新仮名) / 小川未明(著)
フヽヽあれはやだよ。梅「へえゝ成程此方は。近「人形屋。梅「うのは。近「料理茶屋萬梅といふのだ。梅「あら/\。近「ともねえなア、大きなであらあらとひなさんな。 ...
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)