気まぐれの人形師きまぐれのにんぎょうし
雪の降らない、暖かな南の方の港町でありました。 ある日のこと、一人の娘は、その町の中を、あちらこちらと歩いていました。しばらく避寒に、こちらへやってきていたのですけれど、あまり日数もたちましたので、お父さんにつれられて、また北の方の故郷へ帰 …
作品に特徴的な語句
たこ ぽう うえ 見当みあ じゅく ちち 故郷こきょう なか けむり あたま からだ おと しず はい 片側かたがわ あいだ あか にち ほう えが 記念きねん おぼ そと よる あや 彼女かのじょ むすめ 粉雪こなゆき おさ わか ねん きれ 気持きも 水色みずいろ 汽笛きてき 汽船きせん 汽車きしゃ なみ みなと とう 片手かたて せま たま まち 眼鏡めがね 着物きもの いの わたし そら まど わら ふえ ふで こた はこ むらさき 紫色むらさきいろ うつく 翌日よくじつ かんが もの 避寒ひかん ゆき はな あつ なが 郊外こうがい みち つく あそ 雪道ゆきみち ちが とお