“人形操”の読み方と例文
読み方割合
あやつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お園は明治八年の六月の生れで、初夏の、溌剌とした生れだちである。養母のお勝も気が勝っている、その上に、女中がわりに人形操りの山本三の助というものの母親がいた。
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
またその当時人形操りには辰松八郎兵衛、吉田三郎兵衛などが盛名を博し、不世出の大文豪、我国の沙翁と呼ばれる近松門左衛門が、作者として名作を惜気もなく与え、義太夫に語らせ
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
人形操りの舞台にかけさせた。
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)