“人形喰”の読み方と例文
読み方割合
にんぎょうくい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
栄屋の抱えおちゃら(十六)は半玉の時から男狂いのが高かったが、役者は宇佐衛門が贔屓性懲のない人形喰である。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)