“人形娘”の読み方と例文
読み方割合
にんぎょうむすめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このさんは、金之助さんを人形扱いにする袖子のことをえなかった。なぜかなら、そういう袖子が、さんの人形娘であったからで。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それほどろしいいでさんからいてったが——十五になって——あのさんと生命りかえっこをしたような人形娘してた。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その自分みからさんはして、袖子でも、でも、すべて自分見立ててやった。そして、いつまでも自分人形娘にしておきたかった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)