“人形使”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にんぎょうつか66.7%
にんぎょうつかい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むかし、ある田舎の小さな町に、甚兵衛といういたって下手人形使いがいました。
人形使い (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
今日では山家が浮浪民中の主なものとなっておりますが、昔は傀儡子と言ったものがありました。後世では人形使いのことのみを傀儡子だと心得、人形の事を傀儡だと云っております。
わたくしは、もう人形使をやめまして、故郷るつもりでおりました。この人形も、もう人様にお目にかけないつもりでおりました。
活人形 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
見物人たちがしくかざってるのにくらべて、人形使の方はひどく粗末ななりでした。
活人形 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)