“人形芝居”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ギニョール66.7%
にんぎやうしばゐ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その下に人形芝居の舞台ぐらいの大きさの舞台ができていて、上手にテラスと半分観客からかくれてその入口の階段が見える。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「それからリュクサンブゥルへ人形芝居を見に行った。おぼえていて」
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
人形芝居の硝子越しに、あかい柑子の実が秋の夕日にかがやき、黄色く霞んだ市街の底から河蒸気の笛がきこゆる。)
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)