“素人芝居”の読み方と例文
読み方割合
しろうとしばい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松住町じゃねえぜ。っぱらから、素人芝居稽古でもなかろう。いいがひとりをいってるなんざ、みっともねえじゃねえか」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
かつて素人芝居があった時、この楼の主人が文覚勧進帳の不動明王にして、二人がその脇侍の二童子をつとめたところから、その名が起ったものであります。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
船員達の素人芝居があるというので、一等食堂に行き、すっかりがらんとしたあとぼくがツウリスト・ケビンの間を歩いていますと、仄明るい廊下れに、月光に輝いた
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)