“とも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トモ
語句割合
17.9%
14.9%
9.8%
9.3%
7.7%
6.4%
6.2%
5.9%
3.6%
2.4%
2.0%
1.3%
1.2%
1.1%
1.0%
船尾0.9%
伴侶0.9%
0.8%
0.6%
従者0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
朋友0.3%
0.3%
故人0.2%
点火0.2%
0.2%
随伴0.2%
0.1%
舟尾0.1%
0.1%
0.1%
女友0.1%
0.1%
佳耦0.1%
一處0.1%
舟尻0.1%
隨行0.1%
點火0.1%
なへ0.1%
0.1%
伴供0.1%
供人0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
共犯0.1%
0.1%
0.1%
同伴0.1%
同志0.1%
學友0.1%
後脚0.1%
0.1%
従伴0.1%
従駕0.1%
有朋0.1%
火点0.1%
点灯0.1%
点燈0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
義友0.1%
船首0.1%
0.1%
親友0.1%
0.1%
黙火0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手品師はそれを受取ると五尺ほどの足のついた台上に置いて、自らは蝋燭し、箱の上下左右を照して、くはぢつと目をつた。
手品師 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
すると、そこには、緒方先生のところでいっしょに勉強していたことのある原田水山というだちがたっているではありませんか。
「だから、折入っておが願いたいんだ、亭主と一緒には行けねえところへ、相合傘で乗り込もうという寸法が、面白いじゃねえか」
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
殆んど素面で、からこの狂態をヂツと見詰めて居る貫兵衞の冷たい顏には不氣味なうちにも、妙に自信らしいものがあつたのです。
すると父が、憤然として『あの松尾屋と禍福をにする』ということは意外であるといって、この時ばかりは十分不平の色を見せた。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
ところで、どういふで、そんな子の私が寫眞などはじめるやうになつたかといへば、そのは、三宅克巳氏の「寫眞術
三層四層五層瓦斯を点じたのである。余は桜の杖をついて下宿の方へ帰る。帰る時必ずカーライルと演説使いの話しを思いだす。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
平次はおの後姿が廊下に消えると、踏臺を戸棚の前に持つて行き、硫黄附木を一枚して、念入りに戸棚の上を調べ始めました。
日の光りと、月光と、の火と、魚油しかなかつた暗いころの、になるなたねの花は、どんなに大切なものであつたらう。
秋七月布政使張昺謝貴に士卒を督して甲せしめ、燕府を囲んで、朝命により逮捕せらるべき王府の官属を交付せんことを求む。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一たび嚢家博奕場)に往かずや、いかなる境界をも詩人は知らざるべからずとは、吾友フエデリゴの曾て云ひしところなり。
けれども秘密の早船を仕立て、大坂、備後周防の三ヶ所に備へを設け、京坂の風雲は三日の後に如水の耳にとゞく仕組み。用意はできた。
二流の人 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
我はエレットラとその多くのをみき、その中に我はエットル、エーネア、物具身につけ鷹の如きチェーザレを認めぬ 一二一—一二三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
抉られる樣に腹が痛む。子供等はまだ起きてない。家の中は森としてゐる。窓際の机の上にはまだ洋燈曚然つてゐた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
(みづから天幕の中より、したる蝋燭取出だし、野中に黒く立ちて、高く手にす。一の烏、三の烏は、二の烏のむ。)
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
船尾の方にぽつつり一つついてゐる灯火、それを波が揉むやうに動かすと共に、えいしよえいしよといふ船頭達の懸声が闇に響きわたつてきこえた。
島からの帰途 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
我は身をわがたのもしき伴侶によせたり、我またいかで彼を觸れてるをえんや、誰か我を導いて山に登るをえしめんや 四—六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
取舵だい‼」と叫ぶと見えしが、早くも転行き、疲れたる船子の握れるを奪いて、金輪際より生えたるごとくに突立ちたり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それだけを生きる張合にしていたが、口の端に通うものがしくなるにつれ、知嘉姫は日増しにものを言わなくなった。
奥の海 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
山高でフロックコートで、お従者を連れてすうと素通りで、や、SS、気の毒した、御苦労とも抜かすこつじゃねえ。何といってもブルはブルでがす。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
慨世の、憂国の涙、二人して、泫然として泣きしが、ち酒をみてい、死を以て自ら誓い、済南りてこれを守りぬ。景隆はりて済南にりぬ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
さてある時端なく一の思想の浮び出づるに逢ひて、これとに曾て聞ける歌、曾て聞ける韻語をひ得給ひしことはあらずや。
とりどりに木のにあそぶ雀子の思ひなげなる声のしさ (八三頁)
文庫版『雀の卵』覚書 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
これらは何れも人間として普通の性質を遠慮なく発露するからである。遠方より来るまたばしからずや。
東西相触れて (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
朋友想いの村上彦四郎は、八郎と彦七の身の上のことが、どうにも案じられてならないらしく、小山——と云っても丘ほどの小山を、上がったり下りたりして焦燥っていた。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
夕陽を避けて壁際に大の字に仰臥した藤吉、傍に畏る葬式彦とに、いささか出鼻をかれた心持ちで、に組の頭常吉の言葉に先刻から耳を傾けている。
そうして、附加えて言うことに、袁傪が嶺南からの帰途には決してこのを通らないで欲しい、その時には自分が酔っていて故人を認めずに襲いかかるかも知れないから。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
真砂町のトある小路、右側に「小野」と記した軒燈の、点火り初めた許りの所へ行つて
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
正道に入り立つよおほかたのほまれそしりはものならなくに
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「両刀横へていかめし作りの胸毛男を、幾人随伴に引連れ」
戦争未亡人になった、下の姉の子までが走りこんできて、涙とともに諫止するという劇的な局面になった。そんなら死ぬだけだと突っぱると、キリスト教では自殺は最大の罪悪です。
蝶の絵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
率八と呼ばれた舟尾の男が、櫓をしなわせてギッギッと漕ぎ寄せて行ったかと思うと、近づく間もなく、舟べりにをついていた黒頭巾の男が
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
袂へ手を入れると京都の停車場で岩城さんとさんに貰つた敷島がめいつたをして三四本出て来た。
日記のうち (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
唐の段成式の『酉陽雑俎』に顛当蠅を捉えて巣に入りその蓋を閉じると蓋と地と一色でに糸隙の尋ぬべきなしと自分の観察を筆し、またおよそ禽獣は必ず物影を蔵匿して物類に同じくす
そして、兄との戀を自ら捨てた女友が、今となつて何故那麽未練氣のある擧動をするだらう。否、清子は自ら恥ぢてゐるのだ、其爲に臆すのだ、と許り考へてゐた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
中にくるまり今も猶、つてゐるのでございます。
わが佳耦よ、いざともに野にいでて
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
わが佳耦よ、鐘きこゆ、野に下りて
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
甚之助かぎりなく口惜しがり、父君母君め、長幼令孃りあるきて、中姉樣すことヽらみ、をも一處にやれとまり、令孃へばもなくへて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
鎌倉かばおりのきにまりたれば、りてしからんよりれも一處にゆき、れも此邸るまじ、父樣母樣や、れをてヽも諸共かんとり、令孃かにして
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
お艶は? と見ると、舟に飛びこんだ時から舳先につっ伏したきり、女は身じろぎもしないでいる。濡れる! と思った栄三郎が、舟尻を持って近づきながら
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
舟尻にすわっている男は山のように動かなかった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
ロレ らせられい。……内室も一しょにらせられい。……パリスどのにも。……れも亡姫隨行をして墓場準備をなされ。
マーキュ ぢゃ? へん、ロミオが足下なものか? 何時足下給服せた? はて、って決鬪場きゃれ、ロミオも隨行をせう。それがなら、ロミオは足下樣のお抱奴ぢゃ。
眞砂町のトある小路、右側に『小野』と記した軒燈の、點火り初めた許りの所へ行つて、『此の家だ。』と源助は入口の格子をあけた。お定は遂ぞ覺えぬ不安に打たれた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
其隣の郵便局には、此村に唯一つの軒燈がついてるけれども、毎晩點火る譯ではない。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
春がすみ流るるなへに青柳の枝くひもちて鶯なくも (巻十、春雑)
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
而るを誰とにか之をえん。且つその人をくるの士に従わんより、豈に世をくるの士に従うに若かんやと。してまず。子路行きて以て告ぐ。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
俺のに望んで待つてゐるのは猟師だよ。どうか素晴らしい猟師を見立てゝ嬢様にお世話申して、新婚旅行のお伴供をして中央亜細亜から亜弗利加あたりへ猛獣狩りに行きたいのだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
遙かの森から騎馬の武士が二人、供人を連れて現われた。
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そんなことをいっているところへ、久慈子がブラリとしたようすでバアへ入ってきた。
川波 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
伊三郎の女をと云った。儔は芥川氏にいた。龍之介さんは儔の生んだ子である。龍之介さんのした小説集「羅生門」中に「孤独地獄」の一篇がある。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
大勢にて追取卷れつ戰ふ有樣善か惡かは分らね共若者の凡人ならず天晴の手練かなと感じらに見て居たるに今大勢の雲助にられ已に一命も危く見ゆる武士は立上り何はあれ惜き若者見殺しにするもなしけて呉んとえ上たる禪杖
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「大池の伜というのは、いったい何者なんだ。そんなやつに共犯を預けて、安心していられるのか。裏でどんなりあいになっているか、わかったもんじゃない」
肌色の月 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
彼の病はだ快からぬにや、薄仮粧したる顔色も散りたるのやうに衰へて、足のげに、すればるるを、思出しては努めて梢をむるなりけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
芳葩及外仮 しき外仮なり
向嶋 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「しからばもお同伴いたす」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そこで私は、判事に頼んでこの手記を宅下げしてもらうことにした。私はこれを私の同志に贈る。
もなく万年青あらひ、さては芝生つて姿ながらられたでなく、これを萬一學友などにつけられなばと、笹原をはしりて、門外用事兎角へば
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
若駒の馳せ狂ひて、後脚もて水を蹴るときは、飛沫高くり上れり。そのき運動を、畫かく人に見せばやとぞ覺ゆる。左の方なる原中に一道の烟の大なる柱の如くれるあり。
因って竜一人してラの宅に近づくと、暫く待っておれ、我は先入って子供が汝を食わぬよう縛り付けて来るとて宅に入り太縄で子供を
成程——承れば、何か手に包んだものを持っていた様子で——大方その従伴をして登った方のでありましょうな。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
真女児は、「我身より、人おおき所、は道の長手をあゆみては、必ず気のぼりてくるしきあれば、従駕にぞ出立ちはべらぬぞいとけれ」
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
(一) 子曰く、学びて時に習う、(悦)ばしからずや。有朋(友朋)遠方より来たる、亦楽しからずや。人(己れを)知らざるもみず、亦君子ならずや。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
火点るごときそのけはひ、遊戯夜に入る。
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
色の黒い小女が、やがて禿げたやうなで、金盥を附けたらうと思ふ、十能に、焚落しを、ぐわん、とつたのと、片手にけた行燈点灯したのを提げて
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
尤も梅玉は石燈籠の灯を、いつまでも点燈しあかしにするやうな贅沢な真似はしない。いゝ加減見て娯しむと、自分からつて往つて、ふつとを吹き消してしまふ。
内部にった電燈の光で、扉と扉の合わせ目に引っかかっている掛金が見えた。
ざんげの塔 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「成程! 積極と消極と相触れたのでに火がる訳だな」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
天の与えとばかり垣根を飛び越えた署長以下二人の警官は舟へ躍り込むや否や切る間も遅しと湖中に漕ぎ出した。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
「——ひとたび、義友った人々の頼みでは」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
船首の材には何を使うな?」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ぎ、大御船御船出今ぞ。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
恋人も、親友も、ふるさとも
異邦人の意欲 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
預かる者ならずや斯る無智短才がらに此重き役儀を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其隣の郵便局には、此村に唯一つの軒燈がついてゐるけれども、毎晩黙火る譯ではない。