蝶の絵ちょうのえ
終戦から四年となると、復員祝いも間のぬけた感じだったが、山川花世の帰還が思いがけなかったせいか、いろいろな顔が集まった。主人役の伊沢元仏蘭西領事と山川の教え子だった伊沢の細君の安芸子、須田理学士、貿易再開で近くリヨンに行く森川組の笠原忠兵衛 …
作品に特徴的な語句
モード 女中バプウ とも マリポサ ちろ やわら ほう じゅく おびや めん 乾杏プラム 土侯スフナン 大寺おほでら 灰白かいはく なま 痙攣ひきつ くら しぐさ 端初はしはな えん なり 赤斑あかふ 酒注カラフ つら 何時いつ 偽隈にせぐま 切子きりこ いたわ やく 古舗しにせ 含羞はにか 喇叭らっぱ 嗜食ししょく その 地境じざかい 大掾だいじょう 安芸あき 年齢とし まわ 後肢あとあし さと 手心てごころ 持役もちやく 控邸ひかえ かた とき 時雨しぐれ 朝寒あささむ つか 枯淡こたん 歌声うたごえ みぎわ 汀石みぎいし 河東かとう 浴衣ゆかた 漏泄ろうせつ すす 爛熟らんじゅく たけ 猿臂えんぴ 異土いど しろ 白壁しらかべ みが 秋公しゅうこう そら 箴言しんげん あか ぬめ 纒綿てんめん 罪感ざいかん もろ 花世はなよ 荻江おぎえ うす よそお あかし 諫止かんし あか 赤襷あかだすき 運数うんすう 鋳金ちゅうきん 離屋はなれ 頭巾ずきん