“嗜食”の読み方と例文
読み方割合
ししょく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことに法律でさえ保障しているような範囲内にまで、労働者を搾取し劫略することは、明らかに人間嗜食の一形式だ
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
当時、宋朝の文化は、帝室や都府の中心では、はやすばらしい発達途上を示してもいたが、未開大陸の僻地では人肉嗜食蛮風などがなお一方にはのこっていたらしい。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
アフリカやアラビヤでは、猿は最上の美食だということだが、僕らは、オランウータンばかり食っていた。食い残した猿の腕や掌が、その辺に投げだしてあると、人肉でも嗜食したような罪感
蝶の絵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)