“嗜欲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しよく91.7%
きよく8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一般の英国人は等の点に仏蘭西人程の興味を持つて居ないらしく、一嗜欲せばると云つた風に食事の時間迄が何となくしげだ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
さらに、それをうたびに、まるでショウ・ウィンドウの向うの一皿料理を見るみたいな、それに手のとどかぬ焦躁と猛烈な嗜欲と絶望とをかんじるのだ。
煙突 (新字新仮名) / 山川方夫(著)
だから、代助は今日迄、自分の脳裏に願望嗜欲が起るたびに、是等の願望嗜欲を遂行するのを自己の目的として存在してゐた。二個の相容れざる願望嗜欲が胸に闘ふ場合も同じ事であつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)