“嗜好物”の読み方と例文
読み方割合
しこうぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、すっぽん養殖者は、彼らにその嗜好物を供給してやるのには費用が高くつくので、代わりににしんを食わせる頃がある。
鰻の話 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
何かほかの嗜好物に転換させるか、もし不可能な時は、妻自身大酒をのむか、しはのみたるりでっぱらって困らせて見せるか、知人の大酔家を
良人教育十四種 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
酒をのむにしても、一升以上、煙草えば、一日に刺戟の強い巻煙草の箱を三つ四つも明けるというで、て、徹底的に嗜好物などにもれて行くという方でした。